Webデザインを仕事にしたい人のための賢い講座選び
HOME >  口コミから見るWebデザイナーの仕事内容

口コミから見るWebデザイナーの仕事内容

専門学校やスクールの講座で学んで、Webデザイナーになった先輩たちの体験談を紹介します。

具体的な仕事内容や、現場で必要な知識・技術など、Webデザイナーとして成功するためのヒントが見つかるかもしれません。ぜひ、参考にしてみてください。

プログラマーから転職してwebデザイナーに

数年間、プログラマーとして働いていた私。Webデザインを専門にやってみたいと思って、会社を辞めました。

その後、数ヶ月間は失業手当を貰いながら、Webデザインの講座を受けて勉強。転職活動の末、とあるベンチャー企業に入ることができました。

私が任せられた仕事は、ホームページのリニューアル。そのほかに、文章の作成や、CGIを使ったフォーム作成なども、時折引き受けました。

「プログラマーとして働いていた経験があるから、Webのことなら何でも大丈夫だよね?」というニュアンスで物事を依頼されることもあったので、なかなか難しかった作業もあります。でも、Webの講座で培った知識と、働いているうちに身についてきた技術のお陰で、何とかなったと思います。

時には、時間をかけてリニューアルしたデザインなどが、「やっぱり前の方が良い」という評価を受けて、採用されないこともありました。とても悔しい経験でしたが、自分に足りないものを実感できる良い機会でした。

現在は独立しましたが、Webデザイナーとして生計を立てています。

やりがいを実感できるwebデザイナーの仕事内容

僕は、Webデザイナーのスクールに通って、基本的な技術や知識を身に付けました。

修了後、その学校から仕事を紹介してもらえて、現在はホームページの作成に携わっています。

Webデザイナーというと華やかなイメージがありますが、バグなどの修正をしたり、資料作成をしたりと、地味な作業に回ることもあります。

また、自分が自信を持って提供したデザインでも、クライアント側の事情でNGになることも。きれいで個性的なデザインにするだけでなく、訪問者が見やすくて使いやすいデザインにすることが大切だと、現場で痛感しました。

考えた案がボツになったり、時代の流れに合わせてSEOなどの知識を身に付けなければならなかったりと、難しいこともたくさんあります。

でも、僕がWebデザイナーという職業を楽しいと思えるのは、大きなやりがいを味わえるからです。

自分が担当したホームページが、初めてインターネットに公開されたときの感動は、すばらしいものですよ。これは、もの(作品)を作り出す職業ならではの充実感だと思います。