Webデザインを仕事にしたい人のための賢い講座選び
HOME >  WebデザイナーになるにはAtoZ >  Webデザイナーの将来性

Webデザイナーの将来性

Webデザイナーを目指すうえで、この業界の将来というのは気になるところですよね。ここではWebデザイナーの将来性を解説します。

Web業界から見たWebデザイナーの将来性

Webデザイナーの将来性を語る上で必ず考えなければいけないのは、Web業界そのものの将来性です。そもそもWebが存続し続けなければ、Webデザイナーの仕事は将来的に無くなってしまいます。しかし、その可能性はかなり低いといっていいでしょう。

近年のWeb業界の成長度合いには目を見張るものがあります。マスコミ4媒体といわれてきた、新聞・雑誌・ラジオ・テレビといったメディアをインターネットというメディアはわずか10年足らずで圧倒するほどに急成長しているのです。Web業界の拡大、人々の生活への浸透は今後も加速を続けていくことでしょう。近い将来、Webがなくなるというのは考えなくてよさそうです。

このようにWeb業界の成長力を考えると、今後もWebデザイナーの需要は増え続けると予想されます。比較的はっきりと将来性が実感できる仕事といえるでしょう。

自分の価値を高めることが重要

Webデザイナーの需要は今後も高まりを見せそうですが、かといって誰にでも、自動的にいい仕事がふってくる訳ではありません。

Webデザインの仕事というのは、低コスト高効率を追及していくと、どうしてもクリエイティブな仕事というよりも、単純労働的な作業にシフトしてしまう可能性があります。さらに会社はこれらの作業に従事する労働者の賃金を、できるだけ抑えようと動くでしょう。

こういった流れにとりこまれないためには、自分自身が、会社やクライアントから見て、代わりの利かない存在になることが重要です。そういった人材は、企業にとっても手放せない存在となるからです。

そうなるためには、Webデザイナーとして必要なスキルを身につけるだけでは足りません。マネージメント力や企画提案力といったビジネススキルを自分の力で身につけていく必要があるでしょう。

Webデザイナーという仕事の将来は安泰といえそうですが、あなた自身の将来は自分で切り開いていく必要があるということです。これは、どんな仕事でも同じですね。