Webデザインを仕事にしたい人のための賢い講座選び
HOME >  WebデザイナーになるにはAtoZ >  webデザインで役立つ資格・検定は?

webデザインで役立つ資格・検定は?

このページでは、Webデザイナーの仕事に就く際に役立つ資格・検定などを紹介しています。

国家資格もあるWebデザイン関連の検定

Webデザイナーには様々な専門知識や技術が要求されます。最新の知識を習得するには資格をパスすることを目標にすると大変有効です。そこで、Webデザインに関連する主な資格・検定をご紹介します。

ウェブデザイン技能検定

主催(認定機関):厚生労働大臣指定試験機関 特定非営利活動法人 インターネットスキル認定普及協会
Web標準を基本に、Webデザインやシステム構築、セキュリティ対策など幅広い知識を実技・学科試験で評価する国家資格
1級から3級まで3つのレベルがあります。3級はWebサイトの利用・設計・制作、運用に関する一般的な知識を、2級・1級では3級の内容に加えてさらにハイレベルな技術を問われます。
3級、2級合格者にはインターネットスキル認定普及協会理事長より、1級合格者には厚生労働大臣よりウェブデザイン技能士の合格書が発行されます。

Webデザイナー検定

主催(認定機関):財団法人画像情報教育振興協会/CG-ARTS協会
Webデザイナーだけではなく、Webプロデューサー、Webディレクター、Webプログラマなどを対象にWebデザインの基本からテストと評価、運用までの知識と技能を評価する民間資格
ベーシック(旧3級)とエキスパート(旧2級)の2つのレベルがあり、ベーシックではWebサイトの企画・制作・デザインに関する基礎知識を、エキスパートではベーシックの知識に加え、さらに専門知識の理解と、知識を応用する能力が評価されます。
表現の基礎から制作・運用、知的財産権まで幅広い知識が求められます。

WEBクリエイター能力認定試験

主催(認定機関):サーティファイ Web利用・技術認定委員会
Webページを制作するためのHTMLファイルのコーディング能力や、基本的なデザイン、構築技術などを評価する民間資格
初級と上級の2つのレベルがあり、初級ではツールを使用せず仕様書に基づいたレイアウトができるかなどHTML、CSSのタグの基本的な使い方を問われます。上級ではHTML、CSSのさらに深い知識が必要で、クライアントの意図に合わせいかに快適なWebサイトが創れるかが求められます。

WEBデザイン検定

主催(認定機関):有限責任中間法人 日本WEBデザイナーズ協会
WEBデザイナーに必要な知識・スキルを測定する民間資格
試験は「WEBデザイン概論」「デジタル素材の扱い」「マーケティング」「スクリプトとプログラム」「ビジネススキル」「インターネットのしくみ」の6章から構成され、各章の正解率が7割を超えるとJWDA公認WEBビジネス・プロフェッショナルと認定されます。
また、またカテゴリーごとに「JWDA公認・WEBクリエイター」や「JWDA公認・WEBディレクター」を認定するシステムになっています。